監督はジョン・マッデン、
主演はジェシカ・チャステイン、マーク・ストロング、サム・ウォーターストンのサスペンス映画。

「女神の見えざる手」(Amazon Prime Videoより)

簡単に言ってしまうと、大手ロビー会社の敏腕女性社員が自分の信念を曲げてまでの仕事は受けずに部下を連れて小規模のロビー会社に移って、銃規制法案を通そうとするのだがそのやり方がすごい事。いろいろなどんでん返しがあってなかなか見応えがある映画でした。

現実ではここまでは上手くいくとは思わないですが、法律を犯してまでのやり方には問題あるでしょうが、銃規制法案というトピックはアメリカではかなりの分厚い壁なので、現実との対比としてはアメリカ人がどう受け止めているのか興味はあります。

オススメ映画ですね、サスペンス物に興味がある方は。私は最初はなんかなぁと思って見ていたのですが、次第にのめり込んでいきました。ドンデン返しさせるストーリーがなかなか秀逸でした。

俳優等も素晴らしかったし、脚本ですよね、素晴らしいのは。

でもこの分野の、いわゆる頭いい系の人たちの英語の使い方は本当にわからない。言い回しをこんな風に言われるともうさっぱり。留学経験ある私でも全く。(笑)

私はジャズ科でしたからね。ある意味バカばかり。(笑)

実はもう随分前から思っていたのですが、アメリカではこの語彙力と身分は比例しているのだとこの映画を見てまた痛感させられました。

地位の高い人の英語って本当に難しくてわからないのです。

多分、アメリカではそこに階級差を見て取れるのではと思っています。わかりやすい英語喋っている人=学歴が低い=収入が低い。

日本では何故かその部分ではあまり差を感じないのですが、アメリカでは顕著に出てますね。

その例外はただ一人、トランプですね。

アメリカ人が中学生レベルの英語って言っているのですから。歴代アメリカ人で私にとっては一番何言っているか分かる大統領です。それじゃダメなんですけどね。

語彙力とはユーモアの使い方とか、ハイクラスの人たちの英語の使い方を勉強するにはいい映画だと思っています。いい教材ですよ。

でもアメリカ英語だから言葉は聞き取れますけどね。意味が分からない所は多々あって、字幕スーパーと見比べて驚く所は多かったです。

イギリス人の英語はまた全然違いますよね。その例としての映画を次の記事で紹介しますね。


しかし、アマゾンプライムは良いですね。映画もいろいろ見れるから。アマゾンおそるべしです。



下のリンクもポチッとヨロシクね!!
映画レビューランキング