超絶かどうかわかんないんですよね。(笑)

私、大体幸せって状態に常時いるんですけど、それでも最近ちょっと歯が欠けてなんか食べ物を食べてる時に、そこに当たるとちょっと痛いとかっていう不幸がちょこちょこ発生してるんです。(笑)

でも基本的には不幸じゃない限り人って幸せを感じるものだと思うんですよ。

その超絶幸せを求めちゃう人って多分その自分の中に答えがない人だと思います。

インスタグラムとかFacebookとかでそのすごい良いパーティーで楽しそうにしてるとか、すごい高級な料理食ってるとか、海外のすごい景色を見てみたのですごい幸せそう楽しそうみたいのが見えるんだと思うんですけど、でもそれって本人が幸せかどうかって言うと幸せな素振りを見せて自己承認欲求を満たしてるっていう状態であって最終的に手に入れてるものって自己承認欲求だったりするんですよ。

自己承認欲求がなんでその満たされて幸せかって感じるとそもそも承認されてないっていう不幸があってその不幸を満たされるから「気持ち良い」になるんですよ。

で元々幸せな人って自己承認欲求とかあんまりないんですね。

要はその承認されたいって不幸があるから見たされると幸せ、お腹が減ってるからご飯を食べると幸せとか、その誰にも愛されてないけど人に愛されると幸せとか、そもそも足りないものを持ってる人がそれを満たされると幸せに感じがちなんですよ、人間て。

なので超絶幸せそうに見える人ってそもそも何らかの不幸があってそれを満たすためにそういうことやってたりするんで、本当に幸せそうな人ってたぶんなんか猫に囲まれて朝ご飯を食べて「納豆うめーな」とか言ってる人なんですよ。(笑)

なんかそれって別に毎日普通に「ご飯うめーなー」とか「猫かわいいな」とかだけで、誰か他人に対して何かしてもらうって言う必要性がないんですよ。


他人がなんか好きになってくれるとか他人が認めてくれるとか、要はその他人がどうこうって関係なくて本人がその納豆ご飯ちょーうめーとかって食ってるっていう状態ってむしろ超絶幸せと思うのですよ。

人がよく言う「人が必要な幸せ」というのは他人からの影響で自分の幸せが左右されちゃうんですよ。要は他人が自分をどう見るのかとか、他人は自分のことを好きなのかとか、割と人はそっち側の幸せを求めがちなのです。でも本当に幸せな人ってその他人がどうこう関係なく割とその自分だけで幸せになれるっていうのがあるので、もし超絶幸せかどうか?だと自分一人で幸せになれるかどうかで決まるんじゃないかなと思います。