アラフィフ「お一人様」気ままな人生

旅行日記、自分の仕事で学んだ事、お気楽人生観、その他いろいろ

濃厚接触


他国を見ていて台湾や韓国は今では新型コロナウィルスの感染を食い止めているように見受けられる現在、状況をコントロールし続ければ社会活動はある程度は可能になるであろうと彼らによって証明されようとしています。(中国の情報はどれだけ信じてよいのかわからないので)

それでも人が集まるライブハウスのようなところには「3密」と呼ばれる濃厚接触という場面が生まれてしまいます。何度聞いても嫌なキーワードなのですが、ライブハウスやコンサートはどういう形式であれば継続できるのか、無い頭を絞ってイメージしてみたいと思います。



ソーシャルディスタンスは約2メートルなわけなので、まず広い場所でないとダメですよね。テーブルも沢山置きたいでしょうけど距離はあけないといけないので入れる客数が限定されます。大体6畳くらいの広さに一つのテーブルですね。それも比較的大きなものをおけば相席でも距離が保てます。

そうなると今の東京のライブハウスは殆どがダメですね。

また換気が行き届く空間でないといけないので地下は相当空気が循環しない限りNGですね。さらに今の東京のライブハウスだと限られてしまいます。

JAZZのライブハウスについては元々がカフェ形式なので広い所ならばもしかしたら観客数を減らせば使えるのではないでしょうか。ロック系などスタンディングタイプのライブハウスは無理でしょう。

要は飛沫がかからないようにお互いのスペースを開けないといけない、または空気感染とはいいませんが換気が出来るところはさらによろしいのかと思います。演者からの感染でなく客同士の感染が問題であるることは事実として何度もニュースで発表されています。

ということはコンサートホールやドームでさえNGだと思います。とにかく人が密集してワイワイする場所はこれからしばらくはNGになるはずです。

クラシックやジャズの場合はワイワイしながら聞くものではないので、例えば距離をあけて座るようにすれば出来るのではと思います。盛り上がる系の音楽は無理でしょうね。ミュージカルとかも大丈夫です。でも客数が減るのでそこをどう帳尻を合わせるか。客単価を上げるのも一つの手です。

他の収益源である物販となると問題ですよね。

入口でカタログを配って注文販売みたいにするのも方法です。休憩中にステージで紹介するのもよいですしね。物販となると人が密集するから必ずNGになるでしょう。

というわけでソーシャルディスタンスを客席にも適用するしか方法がありません。それをワクチンや特効薬が出来て世界中に行き渡るようになるまで続けないといけなくなります。

Jazzやクラシックを演奏する私としては大きなレストランを借り切ってお客のスペースを空けてライブをやるというのがこの状況では現実的なのではと思います。しかしながらそういう場所はかなり少ないので今の時点でライブハウスと呼ばれるお店は現実的に営業は難しくなってくると予想しています。



濃厚接触させないソーシャルディスタンスを保つ換気を良くする、この3点がそろう場所でないと何らかの形でまた感染が広がる可能性があると言われるのであれば致し方ないことです。今のライブハウスはほぼ営業は無理だと思われます。

ウルトラC的なイノベーションで解決できるならばまた別ですが。

この状況が落ち着いたとしても、薬やワクチンがない以上また感染が広がらないようにコントロールしなければいけないであろうから3密を解決するか、何か突拍子もない方法で上手く運営できるのか、私も無い頭で考えていきたいと思うので、今後また新しいアイデアがあれば投稿したいと思っています。

芸術全般に対するこの苦しい環境の中での価値観の変容は長引けば長引くほどかなりのものになると考えています。それをしっかりと受け入れて自分も変わっていかなければ生きてはいけません。発想を変えて是非この状況を乗り切りたいものです。




海外ランキング


ジャズランキング


ベースランキング


映画レビューランキング


雑学・豆知識ランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加



久し振りの映画のご紹介です。その名は「コンテイジョン」

コンテイジョン(字幕版)by Amazon

これは間違いなくこの状況下で見ると本当に驚かされます。

元々は2011年に公開された映画で、9年後の未来を予測したのではないかと今は絶賛注目されています。

ウィキペディアで調べていただければこの映画の情報はたいていの事は分かってしまうので、ここにリンクだけ張っておきます。

コンテイジョン(Wikipedia)

この映画は全国民が観るべき映画だと思っています。この映画のウィルスは新型コロナウィルスよりも致死率が高いですが、感染の経路、速さ、感染しないためにはどうすればいいのか、パンデミック下での買い占めや強盗、この状況で何故アメリカでは拳銃が売れたのか、ネット上のフェイクニュースがどう生まれてきたのか等、今までテレビやネットで見てきた聞いてきた事象やキーワードが沢山出てきます。多分2011年に観ても???だと思われたであろうが、今見たらこの世界が置かれている状況下にある我々にとって映画の中に我々の現実を見させられている不思議な感覚になると思います。またこういう最中にはどう行動変容を起こせば良いのかを示唆するお手本のような映画だと思います。今置かれている現状を理解しやすくなると思います。

映画なので「それはないよね」という所もありますが、あくまでもフィクションなので。例えばワクチンの開発速度とか。

今ならお安くネットで視聴できますので是非ご覧あれ!!!




海外ランキング


ジャズランキング


ベースランキング


映画レビューランキング


雑学・豆知識ランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加



今週も無事終わりました。

先週、先々週に引き続きいろんな事が今週もありまして、反省も多々ありますがいくつか良い具合に先に進めたという結果になり、疲れましたが少しは満足はしています。演奏する場所がなくて苦労はしていましたが、ある程度目星はついたのかなとも思っています。このままゴールデンウイーク最後の日まで何事もなく続いて、緊急事態宣言明けには通常に戻るとは全く思っていないのですがもうちょっと活動再開の機運が高まればいいなぁと淡い期待を抱いています。

それでも気を引き締めていかないといけません。感染の可能性の低い生活をしているわけではないので自分がかかるだけでなく人に移さないように本当に気を付けて活動しないといけません。また健康であり続けることがこれから活動していく中でも大切ですよね。最近はどうしても睡眠時間がバラバラで、まだ今の生活リズムに付いていけてないのが実情なので気を引き締めないといけませんね。

コロナ関連のニュースや情報を見ていて思うのですが本当にやっかいなウィルスですね。あの薬が効くとかワクチンの治験が始まったとか免疫というのはどういうものなのかとか、布マスクは自分から出す飛沫を押さえるにはあまり効果がなくタオルの方がまだ良いという事とか、この状態が続くようであれば開疎化、つまり密集するのでなくもっと人と人の間を開けた地方分散的な街づくりが進むのではとか多くの情報を相変わらずチェックしています。

全国に緊急事態宣言が出ましたよね。まだまだ全然先が見えないのだなぁというのは一貫して皆が思う所ではあるでしょうが、何とか頑張らないと。

そして相変わらず国はバタバタしているだけで何が先に進んだのか全く見えない、政府のボロがドンドン出てくるだけで。しっかりと補償を出している先進諸国がある中、何もできない日本という構図はここ数週間同じです。

補償はなかなか出せないというのが本音なのかもしれません。もう既に異次元緩和なるものをやってじゃぶじゃぶとお金を出してしまいましたからね。108兆円なんて無理なのかも知れません。あるんだったらすぐに出せばいいのに。(笑)無いから出せないということですよね?


話は変わりますが、本当にライブハウスという形態がなくなるのではと真面目に危惧しています。どんなジャンルの芸術においてもまずは駆け出しで切磋琢磨する場所がないと実は頂点までのピラミッドが小さくなる、つまり業界そのものが小さくなってしまうのです。それは関わっているものとしては不本意なわけであります。

でもソーシャルディスタンス、最低でも2メートルを開けて、換気が良い場所というのはライブハウスはないですね。(笑)いや、あるかもしれませんが、それは大きなライブハウスのみ。小さなライブハウスは東京圏内には沢山ありますがそのような事が出来る場所は知らないです。

東京近郊は本当に音楽を聞かせる小さな場所がたくさんあります。世界でもこんなにライブハウスの多い地域は少ないです。その中で軒並み潰れていくのをただ見過ごしていくのは悲しいものです。

あ、まだ潰れていませんでしたね。失礼しました。勝手につぶすな!とお叱りを受けそうになりましたね。

この自粛明けにどうなっているのかかなり心配ですが、もしこの状況が本当に1,2年続くならばかなり業界も様変わりするであろうと思います。その間にどれだけ演者が消えていくのか、そこに自分も入っているのかも知れないと思うとゾッとしますが、もう先の事はわかりません。先週と今週だって随分変わったなぁと思うことが多いですから。

夜の街並みはもう本当に真っ暗です。夜の店は殆どしまっています。繁華街は凄い静かです。夜の遅い時間の電車なんて本当に人が少ないです。先週よりも人が減っています。

それにも関わらず朝の電車は変わらずラッシュアワー。これでいいのか?と思うのですがね。そりゃ感染も拡大するでしょう?でも電車でのクラスターはあまり聞かないのは本当なのかわざとその情報を流さないのかどうか。

それでも明らかに東京の感染者の数は飛躍的に伸びているのだから、人が集まるのがそもそもの原因なはずではないのでしょうか。会社ってのはどうしてそうなのだろうか?リモートワークが出来ないのはどうして?

これから通勤しなくても仕事ができるようにシステムを作っていくべきだと思いますよ。1年やそこらでは終わらない騒動なのですから、世の中の会社の皆さんにも是非頑張って作ってもらいたいですよね。

でも、元凶は霞が関や永田町なんだよね。未だにファックスなんだから。(笑)政府が変わらないといけないのですよ。いつまでも紙に頼らんでください。政府がリモートワーク出来るシステム作らないとね。現にテレビで移されるなんちゃら会議の冒頭なんてあれこそ3密やろ!とツッコミたくなる。「いや、俺たちは大丈夫なんだよ、上級国民だから移らない」とトランプや麻生太郎的な感じで何も意に介していないのでしょうかね?(笑)

政府が始まればあっという間かも知れないのに・・・。でも未だに議会なんてスマホ、タブレット持ち込み禁止なんだからお笑いです。時代錯誤もいいところ。こんなご時世なので早く紙での仕事はなくしてもらいたいものです。紙幣だって感染源になりますからね。

でも書籍関係とか、紙が必要な部分はもちろん理解していますから誤解しないでください。データ化できるところは全部やってしまいリモートワークが出来るようになれば感染を防ぐ良い影響を与えらえるのではと思っているのです。そうなれば都市というのが必要なくなってくるのかも知れませんね。

早くみんなとワイワイ飲める日を楽しみにしています。まだまだ茨の道は始まったばかりです。

岩手県に引っ越したいなぁ。あそこはまだ感染者数ゼロ。凄いよね。




海外ランキング


ジャズランキング


ベースランキング


映画レビューランキング


雑学・豆知識ランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ