アラフィフ「お一人様」気ままな人生

旅行日記、自分の仕事で学んだ事、お気楽人生観、その他いろいろ



雑談なので本当の話かフェイクなのか自分でもわからないのでもしおかしいと思ったらググってみてください。

全国に緊急事態宣言が出されてからも結局朝、夕は電車はそれなりに混んでいますよ。まぁ、これでは収束するにはまだまだかなと思っています。

本当に変なニュースが多いです。タバコがダメなのに実はニコチンが効くという話。アメリカからだったかな、イタリアからだったか、禁煙者の方が死亡率が高いという話。

そして回復した人の中には以前よりも相当弱くなっている人もいるのでは?という話も出ています。それは回復されたダイバーの話からだそうです。いつもみたいに潜ることができないらしいのです。

そして仕舞には日光がいい、紫外線がいいというアメリカからの話。それもトランプ大統領の口から出てくるんだからもう訳が分からない。

岡江さん、志村さんのような有名人が亡くなって、もちろん世界でも有名人、ジャズミュージシャンすら亡くなっています。それは危機感を持たないといけないと思うのは当然であるし、なかなか先が見えないとみんな嘆きたくなるのも理解できます。私も同じく。

猫も感染するという事象も出てきました。本当に猫好きには心痛めるニュースだと思います。

さすがに辛くなって外の公園や川辺に家族で出かけることが多くなり、それも結局は濃厚接触状況になってしまっていて自治体からそういう場所に入れないように柵を設けるようなってしまい、家族、特に子供のいる家族は可哀想です。外に出られないと子供は結構きついですよ、特に男の子は。

それでなくても家族がずーっと一緒にいる時間が長いからそれがストレスになり始めているという件も面白い。家族を持つってのは癒されるから、安心感を得られるからだと思うのですがそれがストレスに変わってしまっているというのは可哀想ですね。

私なんて独り身なので何も変わらない。元々一人だから好き勝手にやっている。もちろん寂しさはありますが、ストレスとはまた違う感覚ですね。喧嘩をする相手もいないから特に何もなく、ニュースを見ていて世間の状況を知らされています。

独り者なんて基本的には自虐ネタにしかならないのですけどね。

観光地はゴールデンウィーク前に閉鎖し始めています。もう行く場所ないですよね。本当に家にいろ!と宣告されているわけです。

それでなくてもミュージシャンは既に殆どみんな引きこもり状態ですけどね。

スーパーまで濃厚接触場所になっているからなるべく買いだめしろと政府から言われるわけだからどれだけみんな外に出たがっているのか。本当に最近は行き場所ないもんね。一番のストレス解消場所でしょ、スーパーは。

きっとゴールデンウィーク中は本当に店が閉まってしまうのだろうから家族を持っている方々は可哀想ですね。車で何としてでも行く人は多いかもしれませんけどね。ガソリンは安くなるでしょうし。

マスクが販売されている店をたまに見ることができます。もちろんニュースでお聞きになった方もいるかもしれませんがシャープもネットで販売し始めました。それでもまだまだ手に入れるのは大変な状況ではありますが、街で少し見られるようになったのはありがたいことです。

自分は手縫いの布マスクも持っているのですが、どうも細かい繊維が出てくるのかどうしても肺が、息が苦しくなる。自分はハウスダストのアレルギー持ちだから多分布マスクだと思うのだが。市販の不織布マスクは問題なさそうなのでやはりそうなのかなと思っていますが。マスクはしないといけないから悩みどころです。

緊急事態宣言の期限が5月6日になっていますがそこまでは2週間は切りましたけど、本当に落ち着くとは思わないのですが、世界中で尽力を尽くしている方々に期待するしかないですよね。とにかく感染を広げないように気を使いながら生きていく限りです。

とにかくゴールデンウィーク後を期待したい。無理かなぁ。(苦笑)

しかし、本当に国会はダメだね。議員のノー天気さはないね。何かSNSでも痛みも何も感じていないような投稿が多すぎる。自分たちは守られている、我々は大丈夫だからみたいな、ちょっと国民を馬鹿にしたような状況を見られる。本当にこの国は酷いと思う所は多い。アベノマスクでもそう。どこに既得権益があるのかよーく調べればこいつらは酷いと思わざる負えない。

でもそんな文句言ったって、選んだのは国民ですから。投票しているのは国民ですから。

でもね、年齢別の人口比率を見ると若者ががどれだけ頑張っても年寄りの投票数には叶わない。それは調べればすぐわかる。だから本当に若者が可哀想である。

そんな国である、日本は。

と愚痴を言ったり、叩いたりしても何も起きないのだけどね。自分がとにかく生き抜くことを考えるべきなのでしょうね。

雑談でした。来週も頑張ろう。



海外ランキング


ジャズランキング


ベースランキング


映画レビューランキング


雑学・豆知識ランキング



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加



岡江久美子さんが亡くなりました。

私はある時期良く岡江&大和田夫婦の出演している番組をよく見ていた時期があった。それころ30代の頃だと思う。午前中には「はなまるマーケット 」昼には「ワイドスクランブル」と情報番組を連続で見ていた時期があった。まさかこの最中にウィルスで亡くなるとは思いませんでした。思い出深い時期にTVで見ていた方が亡くなるのはショックです。寿命だったらまだしも、このような形で亡くなるのは本望ではなかったと思います。ご冥福をお祈りいたします。



胃の調子が悪くて安静にしないとなぁと思っていた矢先にまた変な情報をつかんだ。

前回の投稿でイベント屋も相当苦しい思いをしているのであろうという記事を書いたのだが、このご時世で音楽イベント業界で儲かっている人たちがいるらしいとの情報が流れてきた。

マジか!と思って少し調べてみたが、どうもチケット発券手数料とかキャンセル手数料で儲かっているらしい。

いるんだね、そんな輩が。

腹立たしいけど、ビジネスなんてそんなものなのである。手数料で儲けている代表は銀行、証券会社。それだけではない。金儲けにキレイも汚いもない。儲けたもの勝ちという側面は否めない。それがビジネスである。音楽とは真逆な世界。そんなことは鼻から承知で音楽家やってきたから。

Music is pure, but music buisiness is impure.

まぁ今だからまだそんなこともあるであろうが、この先同じように続くならばそれこそ廃業していく所は沢山出てくるのは想像に難くない。大手のような体力の続くものしか残れないかもしれない。

本当に毎日毎週毎月世の中の情勢が変わっていくのだから体力勝負である。体調を整えないと。胃が弱い今日この頃である。

胃が痛い



海外ランキング


ジャズランキング


ベースランキング


映画レビューランキング


雑学・豆知識ランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ビール
(※写真はイメージ)


ビール一口目がやたら腹に染みる。これが美味いとは思ったが、まだ胃が荒れているのかなとも思った。

先週末はいろいろあったからかも知れないのだが、やたら肺が苦しかったり咳が辛かったり胸の痛さに 「遂にかかってしまったか」と思ったが、単なる逆流性食道炎の持病があるから胃が弱っていたという事らしい。熱はないのに何でだろうと思って週末に酒を止めたらスーッと良くなって今週は何となくマイペースに戻った気分である。

食道裂孔ヘルニアというらしい。もう治らないそうだ。食道がんになる可能性が高いから気を付けないといけないらしい。知ったことかと思っているのだが自分はどうも体調に影響を受けやすく、体の隅々のちょっとした調子の悪さでもセンサーが強いというか「ヘタレ」というか、胆力がないというのは自分も認めているのだが、本当に体調悪いと態度に出る。だから結構若い頃はよく失敗をした。(笑)



話は変わるが。前回の投稿でのライブハウスの件でかなりネガティブに書いてしまったのは反省しているのだが、ライブハウスだけでなく大きなお金を動かしているイベント屋がそもそも暫く仕事が無くなるよね?と思って書き始めました。

まず「密」であることで価値観を生むのがイベンターの役割であり稼ぎ方であるわけで、これからしばらくは「密」が難しい世界になるのであるならば、イベント屋はみんな廃業である。

今日は面白いニュースを聞いた。スウェーデンは世界の中でも違った方法で解決しようとしているのだが、集団感染に近くなってきたというニュースが流れてきて、もしそれが本当なら凄いことだと個人的には喜びたいところである。

しかし、スウェーデンは50人以上の集まりは禁止している。

イベント屋はもう無理だよね。イベントっていったって音楽だけでない。人が集まるものはすべて。人が集まって金を落とさなければ意味がないイベントという手法は相当難しい岐路に立たされている。それはライブハウスもそうである。実際にまた

この先の価値観の変容はどうなるかわからないが、それでも生き抜く姿勢ではある。

演奏は楽しい。観客の前で演奏するのは楽しい。演奏を聞くのも楽しい。それもすべて生演奏でなければいけない。分からい人はスタジオ借りてみんなで演奏すればいいじゃないかと言う。ただ演奏すればいいだけではない。観客がいてこそなのである。これは長年演者として仕事をしてきた人にしか分からない現象である。その喜びは味わってみないと分からない。

Zoom飲み会なるものが若者の間で流行っているらしいが、やっぱ目の前でみんなで飲んだ方が楽しいに決まっている。そういう事なんだよ、どんなイベントも。

今、新型コロナ専門家会議の記者会見をやっているが、Zoom飲み会を勧めるって。(笑)専門家会議は正論を沢山言っている。自分の職業柄どうしても生演奏ってのは相対する事だから悔しくは思う。(笑)でも面白いのは政府はそれを聞いているはずなのにそれに対する国民に対する補償がない。自分たちさえ良ければいいのかなと政治家や官僚は思っているのだろう。



命と経済を天秤にかける日本政府



悲観的にならずに毎日過ごすというのはなかなか難しい。自分の今の身の上を語ることはしないが、それでも今の自分は実はまだラッキーな方かも知れない。

それでもこのまま同じ状況が続くのであれば本当に生き方を変えないといけない。そのつもりで動いている。音楽だけで生きる時にこんなに大きな壁ができるとは思わなかった。ウィルスですよ!ウィルスでこんなに世の中変わるなんて全くOut of 眼中!!人生を想像する上において「パンデミック」なんて歴史上の事としか思っていませんでしたからリスクのリストになんて入っていませんでした。

リスクのリストなんてなかったかな?(笑)


演奏することが一番の生きがいと思っていましたが、それが出来ない今、死んでもいいと思ってはいません。この状況だって数年たてば落ち着くはず。「数年」ですがね。

この状況が長引けば間違いなくいろいろな価値観が変わってくるはず。それに乗じて何とか音楽をやっていける道筋を見つけたいと思います。


何となく思っているのは、生演奏というのは今後かなり貴重なものになる。多分廃業するミュージシャンは増えると思うから。演者が少なくなる。

富裕層がプライベートライブみたいな感じでの出張ライブになる可能性はあるかも。貴重になるから単価は上げられるしね。密にならなければいいのだから生演奏はそんな感じになりそうかな。

オンラインはだめかなぁ。やはり臨場感がない。今は多くの人がネットで演奏配信しているが、薄利多売になるしかないかな。

とにかく腕を落とさないように。そしてさらに違った生き方も出来るように模索します。



今はあまり多くは語れないのですが、私はそこそこ忙しくしています。有り難いと思っています。それに甘んじずに頑張りたいと思っています。どこまで生きていけるか分かりませんが、一人でだって生きていけるんだ!とそれだけです。




海外ランキング


ジャズランキング


ベースランキング


映画レビューランキング


雑学・豆知識ランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ