アラフィフ「お一人様」気ままな人生

旅行日記、自分の仕事で学んだ事、お気楽人生観、その他いろいろ



【回答】大学生の夏休みに友達いないから暇すぎて何をすればいい?

大学生って人生では普通の人ね、ニートの人は別にして、その多くの人って多分大学卒業するとそのまま働き続けちゃうんですけど、そうすると1か月とかも休みを取るって日本ではあんまりできないんですよ。なので1ヶ月とか長期の間に何もしない時間でお金もない、だからどうやって楽しもうっていう考える時間のたぶん最後の機会なんですよ。

超絶暇でどうやって時間を潰そうかとしか考えてないと思うんですけど、ただ大人になってみるとそういう時間がもう取れないっていうことが結構大きなことだというのを気づくので、何か暇だったら暇な時しかできないことをやってみるといいと思います。

別に何か自転車日本一周したり、プラモデル作るでもいいし。



僕の好きな逸話で、大学の先生が新入生の前でお話をするという機会があって、教壇の上に壺を置くわけですよ。最初にこうちょっと大きめの岩を入れていくと、その後に小石をザラザラって入れて、でその後に学生に岩を入れて小石を入れましたとでこの壺は満杯ですかって聞いて、学生が満杯だと思います、もう入らないと思いますというのだけど、今度は先生は砂を入れはじめました。まだ隙間があるからその壺には砂が入るわけです。

で砂が入った後に「じゃぁこの壺は満杯だと思いますか」って聞いたらさすがに砂が入ったからもう満杯だと思いますと学生が言うんだけど、その後にその先生は水を入れるのです。で確かに水が入るのよ。

で、この壺は満杯だと思いますか?と。

この話をなぜしたのかと言うと、要はそのツボが大きめの岩を最初に入れて次に小石入れて砂入れて水を入れて。そこで得られる教訓は何かと言うと、多くの人は実際できないと思っても詰め込もうと思ってたら結構詰め込めるよねと言う教訓を得ちゃう。

社会になって例えばさぁ仕事をするとかになったら、その自分の睡眠時間を削って仕事をするとか、いろんな事して周りに迷惑をかけて実現をするとか、無理をして何とか保つと言うのをやるようになっちゃう。

確かにそれはできちゃうのだけど、この話のポイントって要は詰め込もうと思ったら詰め込めるよねと言う話じゃなくて、1番最初の大きな岩が1番最初にしか入らないよ!と言う話で、もう小石とか砂とか水を入れたらもう絶対に入らないよ、なのでその人生にとって1番大事なものとだと思うものは1番最初に入れてください、さもないともう二度と入りませんよと言う教訓なのです。

私、この教訓結構好きなんです。

例えばニートの皆さんなど、ニートの子たちって時間もあるし何に自分の能力を向けてもいいのかもまだ決められるし、大きな岩を入れられるチャンスがある人なんですよ。

大学生夏休みの大学生もそうで、内定決まっちゃってます、大企業に決まってますっていう人は結構難しいのですけど、自分が今後何していくのが自分にとって楽しいのか正しいのかと言うのを決められる最後の機会かもしれないのですよ、大学生の夏休みって。

別にいつでもできるじゃんと思うけど例えば就職して一人暮らしするしそうすると手取りで例えば20万円くらい貰って家賃6万円位のところに住んで携帯代とか生活がいるとか払って手元に3,4万円か位しか残らない生活を毎月やることになるのだけど、そうすると転職しようと思っても給料が5万円以上下がる仕事はもうできなくなっちゃうのよ。だって手元に3,4万しか残らないんだから転職したら生活できなくなっちゃう。そう言う生活作っちゃうともうそれより低い給料の仕事に転職は出来なくなる。

そうなると、嫌々ながら仕事に通うとかするしか出来ないよね。本当は漫画家になりたかった、絵描きになりたかった、音楽家になりたかったなんて思っていたかも知れないけどもう出来ないんだよね。もう給料がないと生きていけないからもう人生で何をすべきかって決められちゃうのだよね、外側で。

だからそうならないようにする為に、暇な時に自分の人生で何をしたいですかって考えることはとっても大事だと思うのだけど、割と人間は後々そう言うことすら出来なくなることが多いのです。

まぁ普通に会社入ってそれなりに偉くなっていろんな後席人とか信頼関係とか生まれて、だから突然ほっぽり出して俺音楽家になるんだ!!なんて言えなくて、やっぱりでも優秀だったりするとそれはそれでいい人生かな?みたいになって結婚したりして子どもが生まれたりしてどんどん義務とかが増えてがんじがらめになって、でもそれはそれで周りも幸せになってるからいいやと思える人もいれば、俺本当は音楽家したかったんだけどなって思いながら生きている人もいて、どっちを取るかって話なんですけどね。


ではまた!!


これもポチッとヨロシクね!!


雑学・豆知識ランキング



本日久しぶりに実験に参加して来ました。実験というより簡単な設問に答えていくだけの簡単のものなのですが、社会心理学の実験のサンプルとなって来ました。

もう結構長い間関わっているのですが、今回受けるのはもう2年ぶりくらいかもしれません。

そして今日の設問に答えていくうちに「あっ!!」と思った事があったので自分のメモとして書いておこうと思います。興味がなかったらごめんなさい。

詳しい設問内容は言えないのですが、気が付いたのはこちら↓

「金の流れってこういう風に流れるんかい!」

最初気が付いた時はそこまで衝撃的ではなかったのですが、更に自分が答えているうちに

「そうだよね、そうなるよね」

という自分の答えに思わず納得している自分がいました。


簡単に言えばこうです。

貧乏のうちはどうしてもお金にしがみついてしまう。お金を使う余裕がない。しかし、ある程度稼げて来ると貯蓄ができる。そこで周りを見るとお金を世の中で使っている人と使っていない人がいて、使っている人、特に世の中のために使っている人には応援ではないけどお金を与えたくなる。そういうちょっとした余剰なお金を回すと自然とお金が自分の所に戻って来てさらにお金の流れが増えていく。

簡単ではないですね。(笑)

実験の内容を全く言えないのでこう書くしか方法がないのですが。(笑)

簡単な例としては、自分のような独り者で悠々自適(?)に生活している人と、結婚しました子供ができました家を買いましたローン組みましたお金がめちゃ必要です!というような人がいたら、どちらとも実力や性格等が問題なければ後者の方に仕事が回りますよね?

つまり必要な所にお金が回る。だって結婚にも子供にも家にもお金がかかっていて、でもそのコストにかかったお金はちゃんと社会に回るわけですよね?その人にもっとお金を回してもらいたいから仕事が回って来るという世の中の仕組みみたいなのが見えたわけです。

それによって人間社会が成り立っているのだとかなり俯瞰した見方なのですが、設問に答えていてる時に気が付いたという事です。

そしてお金を回せば回すほどその流す量が大きくなるという。手元にお金がもっと回って来て、それをもっと外部に流す。

それが出来る人が最終的には社会で信頼された、選ばれた方々になるのだと思います。沢山のお金が入ってきてそれを流す人になれる訳ですね。

だから自分のことだけに使う人、例えば賭け事とかですね、そういうのはお金を世の中に回すというには程遠い行為なのかと思っています。自分が儲けたいというだけの事では社会に役に立たないのですね。単なるエゴだけではお金が回って来ることはない。

私は金融商品に手を出している個人にも同じく社会に役に立たないお金回しをしているのではと勘ぐっています。

まず金融商品というものが発明されたこと自体、社会が新しい価値観を生み出せなくなったという証なのだと思います。

だって、お金がお金を稼ぐってどういうことですか?おかしいと思いませんか?

と、かく言う私は手を出して痛い目に会いました。(苦笑)深く反省しています。周りに迷惑はかけていませんが。

そう言うことを今日気が付いて、さてこれから私はどうしよう?という事はまだまだ先の事なのかな。それでも今までお金を使うと仕事が入って来るという循環を感じた事はすごい多かったので、お金の流れについては肌感覚でしか分からなかった事なのですが、今日違う方向からの気付きがあって嬉しいと思った次第です。

それよりも今年のヨーロッパ行きのスケジュールが決まらなくて悩んでいます。先のことなんてわからないからなぁ。結構いつも思いつきで動いているから先々の事を考えるのが難しい。こんな性格じゃあ株とか出来るわけないですよね。(笑)


と言うわけで今日も読んでくれてありがとうございました。あまり興味のない話だったかもしれませんが、これからもこのブログをよろしくお願いいたします。(笑)


ではまた!!



下のバナーをポチッとよろしくね!!


雑学・豆知識ランキング



ペンギン村とはこういうものです。

ペンギン村β 

2ch創設者のひろゆきさんが新たに創設したネットコミュニティです。Googleが提供しているGsuiteがすべて使えて、なおかついろんなスレッドが立っているChatでコミュニティを楽しめるというシステムですね。

まぁひろゆきさんにしてみたらGsuiteにコミュニティを抱き合わせで売り出してちょっとだけ儲けようって感じのものですね。

入ってみて、確かに2チャンネルに比べたら有料なのでそれぞれのトークは健全ですよね。落ち着いたチャットばかりでしたね。私はちょっとだけ荒らしそうになりましたが。(笑)



一ヶ月弱入っての感想です。

Gsuiteが必要な人ならば良いかもしれません。とにかくそんなにネットで事業とかやっているわけでもなく、例えネットで仕事にするようになったならAWS使うだろうなぁ、自分ならば。

そのGsuiteの中のサービスにあるChatというアプリを使って村民がチャットを繰り出しているのですが、それがどうも見づらくて。

チャットがいつも同じ所にあるのなら良いのですが(古いものから順番に)・・・それぞれのチャットにタイムラインができるのですが、古いチャットに新しい返答があればそのチャットのタイムライン全体が一番下の新しい所にくるというシステムなものだからそれぞれのチャットのタイムラインが上下に行ったり来たりして、頻繁にフォローしていないと何処で何のネタが盛り上がっているのかわからなくなるのです。

忙しい時にはもうフォローが出来なくて、ついに諦めました。最後は「寝ます」報告のスレッドにしか書き込みしていませんでした。(笑)

あのシステムだと自分が興味がありそうなネタを見過ごす可能性大だと思ったし、実際見過ごしていたと思います。

なので、本日退村しました。



なぜ入ったかというと、ひろゆきさんのYoutubeチャンネルが好きだったからです。今でも楽しく拝見しています。(笑)

調べてみてもらえると分かるのですが、あんなに多くの質問に対してパーっと答えてしまう人っていないですよね。それも一人でWebカメラの前でですよ。私も実は動画配信した事あるのですけど、彼みたいにパンパン答えられないです。

面白い質問とか良い質問を投げかける人もいて、ひろゆきさんの答えの内容は良いのもあれば悪いのもあって一概に信用は出来ないのですけど、見ていて聞いていてスカッとするのです、なぜか。(笑)

あとはひろゆきさんのゆるゆるな人生観が好きです。

実は何年か前にはビジネス本や自己啓発本をたくさん持っていた私です。その中でも変わり者のホリエモンの本にはとても興味を持って読んでいました。そして動画も沢山観たし、ニコ動のチャンネル登録やメルマガ登録もしていました。

しかし・・・

私には無理だなと思ってしまったのです。そこまで多動力はない。(笑)なんかひと昔前のカツマーってありましたよね?それの男版みたいに思えてしまった。

そこでホリエモンのお仲間でもあるようなひろゆきさんに出会って(勝手に見つけただけ)、2チャンネルの創設者だというのは昔から知っていたし、ネット創世記に活躍していたのは周知の事実。私も創世記からネットを使っていたので、彼はある意味輝かしい存在でもありました。その彼はお金沢山持っているのに贅沢しないで悠々自適にゆるゆるな生活していて、さらに私も住めたらいいないと思っていたパリに住んでいて自堕落な生活をしているのを観ていて、親近感を覚えたのです。

自分はこっちのスタイルの方が向いている!と思ったのです。

というひろゆきさんが創設したペンギン村なので一度入ってみて見ようと思った次第です。




まぁ、経験ですね。

私には必要ないものでした。




ということでペンギン村の感想でした。チャットが得意な人ならば、時間を持て余している方々なら楽しめるコミュニティなのではと思います。

自分はまだやりたい事があるので(まだ自分は稼がないと生きていけないので)、思ったほど時間を割く事が出来ませんでした。

早く何も考えずにダラダラできる生活ができるように頑張りますよ!(笑)

というわけでした。お邪魔しました、ひろゆきさん!!





ではまた!!





雑学・豆知識ランキング

このページのトップヘ