アラフィフ「お一人様」気ままな人生 〜 的なBLOG

旅行日記、自分の仕事で学んだ事、お気楽人生観、その他いろいろ

少子高齢化
(パンダの中のパンダさんによる写真ACからの写真)                            



日本の未来のことを考えると若い人たちに投資するのが本当は普通なのであるが、現実としては超高齢化社会の日本では民主主義という手続きからそのようには行ってませんよね?というお話です。

実は今年の4月の厚生労働省から出ている人口推計を見ていて、計算して驚いたことに日本人の40歳以上の割合が6割以上に達しているということに驚愕した私なのでした。

ちなみに20歳から39歳の人口は2割。もちろん今は選挙権は18歳からあるわけなのだが、それでもほんの少し率が上がるだけ。



厚生労働省人口推計2020年9月報



つまり投票で18歳から39歳の人が全員投票にいってこの党だ!と仮に同じ党に投票したとしても少なくともの40歳以上の方々が2割以上違う党に入れれば服されることとなる。

40歳以上の方が4割も投票にいけばほぼ間違いなく39歳以下の投票など簡単に覆せると言うことなのだろう。

直近の衆院選投票率の年代別だと30代までが4割くらい、40代以上は平均5割以上、60代にいたっては7割以上である。



総務省年代別投票率



人口2割の投票率4割、人口6割の投票率が5割。0.8対3という40歳というところを境にして計算するとこのようになる。(私は若者の定義は40歳未満だと思っています)

この状況で例えば39歳以下の人が全員投票に行っても2対3なのである。

日本のこの状況を知って政治家が若者の方に向かない理由は至極当然なのである。

と言うわけで社会保障費にこれからももっとお金をかける方向はしばらくは変わらないと思います。少子化問題も含めて若者に対する政策はこれからも縮小していく可能性は大ですね。

残念な国、日本だと私は思います。未来を考えるならばもっと少子化対策、教育に目を向けて対策するべきです。

しかし現実としてはそれはないであろうということで残念と思っています。

それならば高福祉社会になるのかといえばどうなのでしょう?でも政治家は高齢者の投票を当てにするであるからこれから暫くは社会保障費は伸ばすのではと思っているので悲観はしていないのですが、若者が可哀想で。

この状況だと若者の意見が通らない社会になってしまっている。若者たちは政治には「何も期待できない」という言葉が出てきても日本では普通ということですね。




現実を知ってもらいたいだけで今回は書いてみました。これを踏まえても踏まえなくてもどう生きていくかは人それぞれなので。

私は私のできること、やりたいことをやるだけです。そこに幸せを感じるから。

でした。


追伸:若者に投票に行こう!という政治家(特に与党)はちょっと嘘つきじゃないの?と思っている私です。


それではまた!!






海外ランキング


ジャズランキング


ベースランキング


映画レビューランキング


雑学・豆知識ランキング


    このエントリーをはてなブックマークに追加


ベーシックインカム画像




BS-TBSの報道1930に紹介された様ですが少しずつベーシックインカムが世に知られてきている昨今ですが、私はもう随分前からこのベーシックインカムには注目していました。海外でもフィンランドでは実験されていたり、スイスでは残念ながら国民投票で否決されてしまいましたがベーシックインカムを導入検討していた模様です。

竹中平蔵さんという、経済学者としては言っている事は至極正しいのですが裏で何やっているかと言うと・・・それは倫理的にどうかなぁと思うその方によってその番組で紹介されていたようです(私は見ていません)。私は竹中平蔵さんが裏でいろいろやっている事はおかしいだろうと思っている派なのですが、しかしベーシックインカムについては実は賛成派なのです。



ベーシックインカムについてはこちらで参照してください。


ベーシックインカムについて

フィンランドのベーシックインカム実験結果



言っている事は真っ当だと思っています。番組では月7万円と言っていましたが、その金額自体は別として色々な社会保障費用削減と言うことや、小さな政府という意味ではとても良いシステムだと思っています。

もちろん議論するところは沢山あります。自分で何とかすることもできない社会的弱者をどう助けるのかとか各種社会保障制度をどうするのかなど課題は沢山出ると思います。しかしながら官僚システムを大胆に変えていかないと日本はもうこれから沈みゆくであろうと私は思っているのです。

もちろん経済界もです。いつまでも昔の業態にしがみついていても何も発展はなく世界に取り残されていくだけです。

ベーシックインカムはそう言う意味では本当に大胆な発想でありますが、これはかなり難しいであろうと思っています。なぜなら官僚の仕事や利権を奪うからです。間違いなく役所の仕事は減ります。

仕事が減って困るのは役所です、公務員です。そしてその周りに繋がる民間企業です。そしてもちろん働かなくても良くなる場合もあるので企業は人手不足で困ると思います。

人間の歴史を省みて、世の中が流動的に変わっていく中で同じ様なシステムが長い間続くとは到底思えないのです。だからと言って資本主義を否定しているわけではありません。ベーシックインカムが社会主義のシステムと一緒ではなく、今回の新型コロナウィルスの事で資本主義だけでは人間の生活が安定するとは言えなくなった中での新しい道に成りうる可能性はあります。

日本ではまだまだ先だと思いますけどね。日本の官僚システムは強固ですから。変わるとしたら外圧、それしかないです。

日本はそう言う国です。外圧がなければ変わろうとしない国、日本です。

今のままで良いのですかね?良いのでしょうね、日本人の総意としては。


皆さんも是非ベーシックインカムについて考えて見ては如何でしょうか?最近SNSでまた竹中平蔵さんがバッシングされているという事を聞いて、思うところがあって投稿してみました。


それではまた!!




海外ランキング


ジャズランキング


ベースランキング


映画レビューランキング


雑学・豆知識ランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加

副業デスクトップ
68designさんによる写真ACからの写真 )



結論から言って毎日更新している方がグーグル様から良い評価を受けるでしょうから正解だと思います。(私は出来ていなくて苦労しています)

この事は検索すればいろいろ出てくるでしょうが、検索のアルゴリズムは頻繁に更新される中でインターネット創世記の頃に比べたら格段にレベルが上がっているので、できる限り良い検索結果が出るような仕様に変化している中でブログに関して言えば更新頻度や中身の充実さが検索結果上位になるためには重要になる事は普通に考えれば間違いありません。

でも書く事があまりない人がそれをやるのは難しいです。やはりブログにしても向き不向きがあると思っています。好きこそ物の上手なれですから、ブログがダメでも何か自分にとってこれは楽しいと思える副業が見つかると良いですね。

大切な事は、お金を追っていると大体こういうネット関係での副業は続かないですね。ハードルが低い分、やめ易いからです。お金を追うのでなく、これやっていると楽しいと思えるものが見つかればきっとそれは素晴らしい副業、しまいには本業になるかも知れませんね。

ネット民で簡単に稼ぎたいとか抜け道があって美味しい思いをしたいと思う輩が本当に沢山いますが、そう言う人に限って詐欺にあったりします。「簡単」とか「すぐに」とか甘い文字には注意しないと痛い目にあいますよ。

特にブログやサイトに関しては新しいものを立ち上げてからは広告など載せない、SEOに金銭をかけない場合は最低3、4ヶ月は無反応と思って良いです。グーグルから評価を受けるのは時間がかかります。だから古いURLが高く売られているのはそう言う事なのです。そう言う意味で言えば1年は毎日ブログを更新しないと「稼げる」部分に到達するには難しいです。



「好きこそ物の上手なれ」。1番の近道だと思っています。




それではまた!! 




海外ランキング


ジャズランキング


ベースランキング


映画レビューランキング


雑学・豆知識ランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ