アラフィフ「お一人様」気ままな人生 〜 的なBLOG

旅行日記、自分の仕事で学んだ事、お気楽人生観、その他いろいろ

DSCF0490


ちょっとだけ強烈なタイトルですが、短くまとめられるように頑張ります。


みなさんが学校で学んだ事だと思いますが、徳川家康以降の江戸幕府時代には庶民が豊かになると反乱しやすくなるためにギリギリまで租税をして殺さない程度までにして生かしておくのが世の平安を保てると採用した政策です。まぁ、それは正解だったよねというあの頃の話。

最近はいろんな政策を見ているとそんな感じになって来たかなと感じています。

例えば「年収1200万円の家庭には子供手当は出さない」などという話が聞こえて来ました。

庶民にして見たら年収1200万円って高所得に入るのかも知れませんが、実はそんなに高所得ではない。残念ながらその辺りの所得を得ている人ほど今は苦しくなっているのが実情なのかも知れません。

これが何もしないで資産から1200万円が湧いてくるという人はお金持ちですがね。


・12で割る月収100万円

・所得税、住民税、社会保険等いろいろ引かれて手取り75万円くらい

・これくらいの所得の人は都内でハードワークな人なので都内に家を借りるであろう
(その場合、例えば港区あたりならば子供がいると家賃月30万円近くの広さの家)

・車の維持費(車にもよるが)と駐車場代のみで5万円以上

・子供2人育てると塾代月5万円くらい

・私立の小学校、中学校月5万円くらい

・月収100万円くらいだとお父さんもお小遣い10万円くらいは欲しい
(飲み会等の付き合いはたくさんあるであろう)

・お母さんママ友との交際費5万円くらい

・管理職の会社員の部下や取引先等の冠婚葬祭が多くなり費用は結構バカにならない




これは一つの例として上げたので全ての人がそうとは限らないのですが、年収1200万円だからって実はそんなにお金貯まらないのです。

ここで言ったら怒られるかも知れませんが、私のチチッチは最高で年収1500万円で私を含め3人育て上げました。ハハッチは専業主婦です。

でもうちは貧乏だとずーっと思っていたし思わされていました。何一つ裕福な事はやっていませんでしたよ、あのバブルの時代でも。

このくらいの年収では子供がいて贅沢なんて意外と出来なのですよ。余裕がない。

だから余裕を持ちたいからこのくらいの年収の人が子供を作らないという選択が増えるわけでして。


★政策次第で悪い方向に進んでしまう



お金を持っている人がお金を払って子供を育てた方が優秀な子が育つと思っています。だから子供手当を減らすのは良くないと思っています。

逆に「年収1200万円以上の人は子供をあまり作らない方がいいよね」というメッセージとして受け止められてしまいます。



思い出したのがアメリカの国民健康保険なるもの。

あれも結局は貧困層の人たちのためにという事になってしまったがために中間層の人たちがプライベートの保険会社に大金払うのバカみたいだよね?という事で中間層から貧困層への移動がかなりあったという話を聞いたことがあります。

とても良いと思われた政策のメッセージが時として逆方向に向かうのです。

こういう政策を取っていると間違いなく中間層がいなくなり、金持ちか貧乏しかいなくなる。



国の経済発展というのは分厚い中間層があってこそなのだと本当はいろんな有識者がどんどん説いて行くべきことなのに経済界の人間すらやらない。

とにかく安い賃金で働く日本人を増やしてグローバル化での競争に勝とうという先進国として真逆な方向に走っているがゆえの凋落ぶりなのでしょう。

金持ちはもっと金持ちになりたい、中間層は頑張って働いても富裕層に上がれないから、又そういう親を見て別に金稼がなくてもいいじゃんということになってしまい、あっという間に貧富の差が拡大するという、考えてみれば誰でもわかる構図になってしまった日本です。

いや、世界の先進諸国はもうそういう方向に向かっている所が多いですけどね。

だから教育にこそもっとお金をかけなければいけないのにそうしない日本。

優秀な子がたくさん育てば将来大きく稼いで優秀な納税者になってくれるであろう人間が多くなるという可能性をただ殺しているだけです。

何もしていない日本。少子化まっしぐら。

本当は子供を増やして人口を増やさないと経済だって大きくならないのに、結局は各業界団体から献金目当てでの利益優先で政治家が少子化対策で何もできない国会が続いているという感じです。

しているという人がいたらコメントください。でも結果は毎年出ていますよね。

死亡率と出生率の差。



まぁ、政治家に超富裕層のご子息が多いですから富裕税みたいなのは無理でしょうがね。

思い出した。鳩山家がそうでしたよね。

お婆さんがブリジストンの創業者の娘で資産の利子で毎年14億円入っていたそうです。だから鳩山由紀夫元首相がお小遣いで年に2億円ほど貰っていたという。その件でもめてましたよね、国会で。

こういう家柄を超富裕層と呼びます。(笑)




経済が小さくなって行くと自分のポジション取りに勤しんでしまうという人間社会の悲しい現実。まぁ富裕層も経済が縮小すれば打撃はあるでしょうから、できる限り富裕層には新人は来てもらいたくないでしょうね。

小さくなって行くパイの取り合いですね。

政権自体がこれを意識しているかどうかわからないけど、庶民は生かさず殺さず、そして富裕層だけが悠々自適に暮らして行く社会はしばらく続きそうですね。

頑張れば富裕層になれるんだ!という希望をもう持たせない国、日本ですね。

それが平和を享受するということなのでしょうかね?



といっても私はダラダラ毎日生きているのであんまり説教じみた事言っている場合ではないですけどね。

ひろゆきさんみたいに金が湧いて来てダラダラと生きられるように何か頑張るなんて事も思ってもいません。

生産性などない人ですよ、私は。

私はただひたすら旅する流浪の音楽家です。

なんちゃって。(笑)


旅行きたいなぁ!




うまく短くまとまったかな?それではまた!!




海外ランキング


ジャズランキング


ベースランキング


映画レビューランキング


雑学・豆知識ランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014-03-09 18.13.05


関東一都三県はまた緊急事態宣言延長となりましたが、もう飽きてますよね?

正直これ以上感染者が下がるとは思えません。週末は結構たくさん人が出ているのが感覚でわかります。昨年と全然違うではないですか。

去年みたいに行動制限しないと感染者は落ちなさそうと思っているのは私だけでしょうか?

もう飽きたし、それでなくても本業に影響ありすぎて困っているのです。

フリーランスにはまだまだキツイ時期が続きそうです。


50年以上生きてきてやっと気が付いたのが表題の件です。

おかげさまで好きなことをずーっとやって来れたのですが、その中でも失敗などはいろいろしてきました。

特にプロ稼業になってからいろんなジレンマがあって自分の選択が吉と出たことも凶が出たこともありました。

その中で「凶」の部分を自分の人生を振り返って考えた時に、好きなことに集中する時が一番良かったと思ったのです。

10代まではなかなか上手く行かなくて、20代からやっと好きな事に邁進できて、そこからは順風満帆だったのですがね。

「凶」の原因は「お金」でした。

プロ稼業になって何をプロ稼業かと言うと「その好きな事で金を稼ぐ」という一言に尽きたと思っています。

それはある程度出来ていました。

しかし年をとれば取るほどもっと金を稼ぎたいという欲求が生まれてきてあらぬ方向に走ってしまったのが「凶」の原因だったと見ています。

金を稼ぐのでなく「金儲け」になってしまっていました。

好きな事が出来て社会で立派に生きているんだぞという見栄だったのかもしれません。また家族を持つにはもっと稼ぐしかないと思っていたのだと思います。

それがいろんな失敗を招いてしまいました。

自分が邁進する、頑張る、努力すると言う方向は今の稼業、プロミュージシャンとして腕を磨いていく事に向けるべきでした。

なので40代は結構大きな失敗をしていました。



・「金を稼ぐ」と「金を儲ける」の明暗

「金儲け」という事を芸術一般やスポーツ関係者に「汚い」思考だと思われている節が未だにある。

大きく稼げるからこそ夢があると言われる部分も多いはず。ミュージシャンも然り。もちろんそれだけでなく華やかな世界だからというのもある。

しかしながら若い頃は稼げるようになると有頂天になって「金儲け」に走ってしまったのが私の失敗でありました。

本当はその分野で多くの人に喜んでもらえるという事に目を向けないと「稼ぐ」と言うところまではいけないのであるが、私は運良く早い段階で「稼ぐ」という目標はそこそこ達成してしまったから経験として抜けてしまった部分があるのではと回想しています。

「多くの人」とは実は観客はもちろんのこと周りのスタッフ、仲間も含めてと言うこと。音楽家ならば共演者も含めての事。

それに気が付くには時間がかかりすぎましたね。(苦笑)

それだけでなく、色々な方向に目を向ければ向けるほど自分の進むべき方向を間違えると崖に落ちると言う事なのだと痛感しています。



・好きこそ物の上手なれ

好きな事ならば頑張るとか努力するなんて思いは出て来ないというのが脳機能学者の中野信子さんの話。

検索すれば動画などいろいろ出て来ますから興味がある方にはオススメします。

私も今の稼業が好きだからこそどんな辛い事があってもやって来れた。練習なんて辛いと思ったことはない。体力的には年とともに辛くなって来ているが。(笑)

そう言うものなのである。

だから「頑張っている」とか「努力している」という思いを少しでもしたら私はその行為自体を考え直しています。

それはもしかしたら方向が間違っているかもしれないから。

人には向き不向きがあります。私はたまたま「金儲け」の行為に関しては向いていないということでした。

自分を知ると言うことはどれだけ難しいことか。

今はこんなご時世ではあるが、それでも生きていくための分は稼げているし、日本には給付金、補助金や生活保護というシステムもある。

日本人に生まれて感謝している部分です。



・自分のペースで生きるだけ

今は焦って何か頑張ってやらねばとは思いません。また失敗しそうなので。(笑)

自分の置かれた環境を考えると別に家でゴロゴロしても良いかなと考えています。

好きなことでやるべきことはやれているので。

だからもう「金」だけで動くことは減りましたね。

もちろんプロの音楽家なのである程度は稼がないといけないのですが。

何をプロというのか、それとも稼げなくてもアーティストとして胸張って生きていけば良いじゃん!という話もありますが。

もう寿命がそんなに長くないであろうからもっと好きな事に邁進したいので生きるだけの十分な稼ぎがあれば余計な時間は使わない方を選んで生きて行きたいですね。

できれば比重として、

  • 面白い、楽しい&素晴らしい内容
  • 面白い、楽しい&素晴らしい仲間たち
  • 面白い、楽しい&素晴らしい環境

に重きを置いて仕事をしたいと思っています。

昔は報酬額という所に重きを置いていましたがね。「お金」に心を奪われてしまったが故の失敗はいろいろありました。

そう言う上での「お金」は汚いものだと言っていた諸先輩方々の意見は真っ当だったのでしょう。

しかし生きていくためには稼がないといけないからそのためにはどうすれば良いのか?

それは皆やり方が違って良いのでは。そこには多様性があって然り。

でもそれで悩む若手ミュージシャンは多いと思います。

他人がどうやっていようと関係なく自分が生きていく道を選んで進めば良いだけです。

そのためにはどう道を選ぶかですね。

私も苦労しました。

若い頃はこうなりたい!という思いだけが強く盲目になっていた。でもある程度まで行けてしまったからの失敗なのだろう。

盲目にならず、いつも自分の身の丈を測りながらどの方向が良いのかを選んで行けばそう間違った方向には行かないと思います。

難しいですけどね。(苦笑)


人生の歩み方なんてみんな違うので、この投稿が参考になるかはわかりませんが、多くの人に自分が夢中になることに邁進して楽しく生きてもらいたいと願っています。


まだまだ緊急事態宣言を乗り越えないと。それは頑張らないといけないかな。(笑)


それではまた!!




海外ランキング


ジャズランキング


ベースランキング


映画レビューランキング


雑学・豆知識ランキング




    このエントリーをはてなブックマークに追加

2015-06-29 10.56.50



緊急事態宣言2月目に入っていますがいかがお過ごしですか?

今月はさすがに本業もままならないので書くネタがなかったのでズルズルと毎日を過ごしてきて、そろそろ緊急事態宣言も終盤に差し掛かってきたから、今月は最低でも一回は投稿しておこうと自分を奮い立たせて書いております。

  • 本業は低空飛行

エンタメの中にある私の本業なので大打撃は仕方がないと諦めています。

しかしながら、細々と生きていけているので私の周りの方々や国、自治体の方々には感謝しています。それとは別に国には物申したい事はたくさんありますけどね。

ちょっと私事の本業の話なので興味がない人は飛ばしてください。

6弦コントラバスと言う珍しい楽器なんぞを弾いていて試行錯誤していますが、今だに部分的にはどうしようかと悩んでいるくらいです。

やはり音色は命ですからね。ピックアップについては先月かな?書いてあるので見てもらえるとわかりますが、緊急事態宣言中は暇な時期なのでじっくりと自分を見つめ直すという意味で技術的、音楽的に研鑽を積んでいけている実感はあります。

それが出来るだけの演奏の機会はあるので本当に周りの皆さんには感謝しています。

最終的にはアンプで音を出すときの問題だけと考えています。生音や演奏技術に関してはもう解決したので。

新しいピックアップが発明、発売されることを願うばかりです。


  • 新型コロナウィルスと社会の現状

こんなのを私がどうこう言っても仕方がないのですが不満はもちろんあるから吐きます。

それにいろんな種類のベクトルで発信された現状への不満や窮状をメディア、SNS等で見ていて自分なりの発信はしたいかなと思っている次第です。

自分が覚えるためにとでも言いますか。

でも本当にポジショントークが多くてどう評価していいのか困ることが多いのですが、でもできる限りいろんな人の窮状には注目したいと思ってはいます。(知ったところで何もできないのが現状ですがお役に立ちたいと思う気持ちはいつもあります)

それでもコロナウィルスに関する陰謀論的な事は私はほぼほぼ無視しています。出来るだけ科学に基づいた方々の話を参考にしています。

自分のような庶民が出来る事はマスク、手洗いくらいなのですけどね。本当にシンプルな感染予防対策だけしか一般市民はできません。

あまり余計なことをせずに自分が今できることをコツコツとやるしかないです。

それでも国がやっている不祥事などが流れてくると腹立たしくはなります。

  • 最近のこれはおかしいのでは?と思う点

1. 陽性者数があてにならない

これはニュースでも出ましたよね。検査数漏れがあったという話。それだけではありません。

前には思っていませんでしたが、全員にPCRを無料で検査させるべきだと今は思っている私です。その理由は最後の方の間違いを知ってからなのですが。

海外の成功例を見てみるのも良いです。

例えば台湾、シンガポールを見てください。これらの国はほぼほぼ抑え込んでいます。

シンガポールでは最近は新規陽性者が0とか1とからしいです。それらの国は今経済的にはかなりの活況だそうです。交通渋滞や人混みが激しいそうです。

それでもマスクは必須。それ以外はもう普通の日常だそうです。

それに比べ日本はどうですか?日本は戦前と同じことをやっているように見えます。

厚生労働省は全員を検査できる能力がないと言っている。だから分科会はできないのであるならば無症状の人にはやらなくていいと言う。これの堂々巡りだと専門家が嘆いていました。

これは戦前の「米英に物量で勝てない。だから奇襲作戦大和魂(今のままで)でやるしかない」と一緒です。そして戦争に負けましたよね。

無症状な人の中に必ず感染している人がいて彼らが感染を広げているのだから全員にやらないとダメでしょう。普通に考えれば分かること。

それだけではない、PCRでの全数調査をしないのだから実態がどうなっているのかなんて(変異ウィルスなど)誰も分かるわけがない。

クラスターを見つけて質問して濃厚接触者を見つけて質問して「どこでマスクを外しましたか?」で「飲食店」と。食べるときにはマスク外すの当たり前だろうってことで。それでもって飲食店が悪者扱いされる。

飲食店での感染は実際そこまで高くないはず。経路不明の方が多いですよ。

今の時点(2月26日)では収束に向かっているから結局しばらくは飲食店が悪者にされるわけだが、全数調査をしていない政府や行政が本当に感染拡大の図がわかっていない事は確かなのではないでしょうか。



スーパースプレッダーという言葉を聞いたことがある人は分かると思いますが、この新型コロナウィルスが厄介なのは、感染震源地にはほぼほぼ無症状なのにかなりの感染量を持っている人が必ずいるという専門家の話です。

健康保因者とも言うそうです。最初の段階で彼らを見つけて隔離しないと行けないはず。

クラスター対策がそれなのだろうが成功しているとは思えない。有症状者だけ追っているからでしょう。無症状クラスターもあるそうなのです。私は本当に最近知りました。

このウィルスの厄介な所は無症状感染者が多いからなのですよね。この記事の後半に典型的な間違った情報を例として載せておきます。

ここまでは昨年の夏にエピセンターとか震源地という言葉を使って感染の広がりを政府に説明した東京大学先端科学技術研究センターの児玉龍彦名誉教授の話から抜粋させて頂いております。

私は素人なので出典元は書いておかないと。



しかし日本の政治、行政はなんで専門家の意見を自分たちの都合の良いようにしてしまうのでしょうか?

ここからは宮台真司先生の話の受け売りなのですが、これはこの20年くらいは政治、行政には特に顕著に出ているポジションを守りたいと思う意識が問題なのだと言われています。

彼らの中にも頭のいい人は多いはず。専門家の意見を聞いて合理的に進めようと思えばいくらでもアイデアはあるはずなのに進められない。

それを合理的に進めようとしたら上層にいる既得権益の方々に簡単に潰されるからなのでは。

自民党内が特にそうでしょう。今年は特に選挙があります。選挙にはお金がかかりますからね。

経済規模が縮小していく国に多い現象だそうです。

若手議員の方々も頑張っているという話は聞きますが、残念ながら日本は落ちていくだけなのでしょうね。

コロナ対策については日本のことだけでなく世界各国の対策と比較していく事をオススメしたいです。

良いところや悪いところ両方が見えてきますからね。



2.メディア、報道各局は不安を煽れば煽るほど儲かる

これはその通りでそれ以上の事は言わなくても分かると思います。

不安や不満を流せば流すほど視聴率取れますから。購買量も増えますから。

それにテレビでは専門家ではないコメンテーターのポジショントーク、もしくは製作者側のブリーフィングと台本を頭にいれてコメンテーターはそれだけ喋れば良いから楽ですよね。

また彼ら(有識者であっても専門家ではない)のオツムに合わせた議題でしか討論できないでしょうから、結局は当てにならない中身で不安を煽るという事で視聴率や売り上げをあげるのでしょう。

テレビ出演者もそこで稼いでいるのですから言いなりになるのでしょう。気骨のある人はテレビ業界には随分と少なくなったかな。



3.ウィルスの性質

これは私が述べてはいけない事なのかもしれませんが、わかった事をメモがわりに書こうと思います。

この新型コロナウィルスは変異しやすい。1年にだいたい20箇所くらい遺伝子的に変化するようです。

コウモリやセンザンコウなどからの人獣共通感染だと言われています。そこから

  • 武漢
  • ミラノ
  • 東京・埼玉
  • 英国(17箇所変異)
  • 南アフリカ
  • ブラジル

とここまで来ています。またさらに新しい変異を見つけたというニュースもありましたよね?

どこまでワクチンが効くのかが鍵になっています。



4. ワクチンってどうなの?

摂取が始まりましたね、日本でも。これは先行しているイスラエルの状況を見て判断するのが正しいと思います。

ヨーロッパはどれだけ進んでいるか分かりませんが、イギリスはいい感じのニュースが多いですね。

イギリスは人口のほぼ4分の1の人が第一回目の接種を受けたそうです。その原動力になったのがボランティアでのワクチン投与できる人を資格者以外で増やしていると言う。

打てる人を増やすってのはいいアイデアですよね。

フランスはどうも新規感染者が減らないので一部地域で限定的にロックダウンをするというニュースを聞きました。フランス人は言うこと聞かない人種だから大変だろうなぁ。

天邪鬼、へそ曲がり・・・あ、俺もか。(笑)

アメリカはワクチン生産会社のお膝元ですから順調に進んでいるようです。

中国も自前のワクチンを開発して自国、および近隣諸国や中東の方に広げているようです。

ロシアは最近ですが3種類目のワクチンの認可を与えたようで、3種類のワクチンが接種できるのはロシアだけだと豪語しておりました。

日本だとファイザー社かアストラゼネカ社かどちらかでしょうが、私は打てるようになれば打ってもらう予定です。でもどうも6ヶ月先以降になると言われました、ワクチンAIなるもので。

今年は無理かも。日本製のワクチンに期待したいのですが。

中国産かロシアの「スプートニクV」だったら海外行けば打ってもらえるかな?(笑)しかし、ロシアの大統領がスプートニクVを「俺は打たん!」という動画見たときは笑ったよ。

海外旅行は来年期待していいのかなぁ。ワクチンが早く世界中に行き渡るを願っています。



5.医療体制の是非

医療体制の拡充できなかったのが今回の緊急事態宣言に繋がったと私は思っていたのですが、どうもそれは違うかも?という話です。

国際医学学術誌ランセット誌で

「4月のイタリアのベネト州とロンバルディア州の分析から街の中の感染者を検査して減らさないと病院で対応準備しても感染者が増え、死亡率が5倍になる」

と警告していると言うことを読んで、もしかして医療体制を拡充しても効果が低いのかもしれません。

と言うわけで↓


6. 間違い探し

一例すぎませんが私も驚きました。

誤)無症状者のウィルスは少なく感染性はない
正)無症状者からもウィルスは排出される
理由
・発症前からウィルスを排出している
・無症状でも検出ウィルス量は同じ
・重症になるとウィルス量は減る場合も

誤)無症状者の検査をしても意味がない
正)無症状者のクラスターから感染する
(症状に関わりなくウィルスが1200個程度で感染する)
理由
・大学の運動部などに無症状のクラスターが次々見つかる。
・世田谷区では無症状の介護職員の社会的検査で10名の無症状クラスターも発見。
・院内感染もコロナの症状でない人からが多い。
・世界のウィルス追跡で変異ゲノムタ解析から症状に関係なく1200個程度のウィルス量以上で感染が成立すると推定される。

誤)症状のある人を見れば十分
正)感染して16日目に免疫暴走で急に重篤化する
※街の中の感染者数を減らすのが大事
理由
・ネーチャーレビューでこのウィルスの感染例のまとめから、感染後16日目で免疫暴走で突如重篤化することを警告している(感染者の中の1%から2%)。早期に発見し治療を開始し監視しないと死亡例を防げない。街の中の感染者数を減らさないといつまでも重篤患者が増えるだけ。

誤)ニューヨークでも検査して拡大防げていない
正)ニューヨークは検査を拡大して抑えている
(感染者の増加は中西部だそうだ)

誤)検査数を物理的に増やせない
正)検査数を増やす政策が取られていない
理由
・検査数は自動化機械により民間検査企業により増えている。自主採取で問題ないことが実証され、保健所、病院の負担が減らせる。
・偽陽性は機械化により減らせる。陽性者は複数回チェックで偽陽性否定できる。
・偽陰性はサンプリングエラーはチェックできる試薬が出ている。
・PCR検査はウィルス排出者をかなり確実にチェックできる。 タイミングの問題は繰り返し検査でカバーできる。
・コストパフォーマンスは1万円以下で医療費だけで見ても有益。社会的コストを考えればさらに有益。 


これだけ見てもメディアはどれだけ正確な情報を出していないのかが見て取れます。私も目から鱗でありました。

情報は東京大学アイソトープ総合センターから拝借しました。勝手に使っているのでもし迷惑でしたら削除要請のご連絡ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


と言うわけで結局は日本はズレた感染症対策を税金かけてやっているらしいから「こりゃ無理だな」と思ったのが私の感想です。

野球場満員感染実験なんてのを横浜球場でやった神奈川県の対応だって失敗ですよ。あれで感染広げましたからね。

ある意味いい実験だったのかもしれませんが。

感染者数が下がった後の感染症対策としては次のウィルスを入れないためにも入国検疫の強化が大切なのだそうです。

実際機内感染が起きている事例もあるので空港で止めないとそれはまたさらなる感染拡大に繋がるのは目に見えています。

オリンピックやるのかなぁ。



そんなわけでダラダラと書いてみました。ダラダラ生きているなぁ。いかんいかん。



と言うことで今日はこれまで。ありがとうございました!!


お体お気をつけてくださいね!!


ではまた!!





海外ランキング


ジャズランキング


ベースランキング


映画レビューランキング


雑学・豆知識ランキング
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ